京都の劇団 中野劇団のブログ


by nakageki

稽古場日誌

どうもです。
前回に引き続き役者として参加させて頂くことになりました辻中です。
今回で中野劇団での出演は3作目になりますが、私の出演作品にはある共通点がありまして。
参加した3公演とも再演モノなのです。
たまには新作に出演したいなぁと思いつつ、台詞覚えの悪い私には再演モノは台本が早く出来るのでちょうど良かったりします。
しかし、主催の中野は台本をいじくりまわすのが好きなので、毎回初演と再演では別モノの作品になります。
前回の「真実は笑わない」も結末は一緒でしたが、起承転までは初演と別作品みたいになってました。
今回の「楽屋ちゃん」も今、中野が台本をいじくり回している最中ですが、すでに初演から大幅に内容が変わってきています。
初演を観に来られた方でも、違う作品を楽しむように観れる作品になると思いますので是非観に来て頂けると幸いです。
[PR]
by nakageki | 2008-03-16 21:35 | 稽古日誌