京都の劇団 中野劇団のブログ


by nakageki

アナザーサイドオブ中劇

ズバリですよ真野サン。

初めましての方、初めまして。
中野劇団で唯一のスタッフメンバーである村川と申します。
今回の公演では音響および舞台監督を担当しております。

中野劇団は現在必要最低限の人数で運営しております。
ですが公演中はどうしても手が足りなくなり様々な方の力を借りて公演を行っております。
その中でも特にお世話になっている方をご紹介していければと思っております。
彼らがいなければ現在の中野劇団の数々の公演は無かった。

イッツアナザーサイトオブ中野劇団。
第一弾は照明さん寺澤哲氏。
e0109499_0105515.gif


第五回公演ブルーで照明をお願いしました。
第6回公演でも色々とお世話になりました。
本公演でも照明として東京公演迄参加してくれます。
京都のありとあらゆる劇団で照明さんとして活躍されております。
スゴ腕照明さんです。

私が芝居を観に行くと彼がいる事が多いです。
昨年末の公演では素晴らしい舞台を作ってました。
夏の公演では自前のバイクで舞台に登場しようとして失敗してました。
ちょっと面白かったです。

いつもニマニマ笑いながら中野劇団の稽古を観に来てくれて、
サクサク照明プランを考えてくれます。
コンビをを組むのは第五回に続いて二度目。
彼は凄く人に気を使って合わせてくれるので
正直やり易いので本番が楽しみです。
ジャーンジャジャーンと音響ならしてペカーっと
照明照らしますゼ、我々は。
擬音で書くとものすごく頭悪そうですが。

又、外にも沢山お世話になっている方がいるので
順次ご紹介していきたいと思っております。
お暇なら読んでやって下さい。

あとこれは私信なのですが、一昨日、部屋の掃除をしていたら飼ってたネコが家出しました。
もしこれを読んでいるのなら早く帰ってきて欲しいです。
[PR]
by nakageki | 2007-02-17 00:11 | コラム